大会スローガン

超える歓び。


今大会の大会スローガンは 「超える歓び。」 です。


スペシャルオリンピックス日本の活動も22年が経ち、ナショナルゲームも夏季冬季合わせて13回を数えます。


活動拠点は47都道府県すべてに整えられ、皆さまのご支援のおかげで活動体制として一定のステージを実現できました。


一方、国内では2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向かい、


これまで以上にスポーツへの注目が高まると同時に障害者スポーツへの関心が集まっています。


そういった中、2018年に「スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知」開催が決定いたしました。


今大会は、これまでスペシャルオリンピックスに関わってきたすべての人にとって、


大きなターニングポイントになると考えております。


それぞれが描いた目標や夢の実現に向け、これまで積み重ね、広げてきたものを大きくジャンプアップさせる時です。


そこで、今大会を通じてこの大会に関わるすべての人が、


それぞれに描く未来に向けて目の前にある目標や課題を「超え」、


そこから得られるであろう「歓び」を手にしていただくことを願いまして、


 


「超える歓び。」


 


これを「2018年第7回スペシャルオリンピックスにっぽん夏季ナショナルゲーム・愛知」のスローガンといたしました。


 


大会ロゴ


開催県である愛知(AICHI)の頭文字「A」をモチーフにしております。


アスリート、サポーター、観客など、すべての関係者が


この大会にかけるそれぞれの熱い思いを、真っ赤な炎で表現しました。


上へ上へと勢いよく燃え上がるベクトル感は、涌き上がるような意思の表れです。


また、赤を単色にせず、いくつかの赤系のカラーを組み合わせることで、多様性の尊重を表現いたしました。


スペシャルオリンピックスの大会が開催されることが広く認知され、


一人でも多くの人たちの目に触れ、知って、応援していただけるようにデザインされた大会ロゴとなっております。



ロゴは、日頃よりスペシャルオリンピックスの活動を応援いただいている、


株式会社マック クリエイティブ・ディレクターの


山阪佳彦 (やまさか よしひこ) 氏が制作くださいました。


Top